相続の流れや相続手続きに必要な書類について
相続の流れや相続手続きに必要な書類について

相続の流れや相続手続きに必要な書類について

東京の文京区にある志賀暎功税理士事務所は、遺産分割や相続税などの相続相談を承っております。スムーズに相続を完了させるためには、その流れや手続きに必要な書類を把握しておくことが大切です。こちらでは、相続が発生してからの流れや、相続手続きを行う際に必要な書類についてご紹介いたします。

相続の流れについて

相続の流れについて

相続は、被相続人が死亡してから開始しますが、相続手続きには期限があらかじめ決まっているものがあります。そのため、相続が開始したら、期限に注意しながら早めに税理士などの専門家に相談することが大切です。

基本的な相続の流れについてですが、まずは相続が始まった日から7日以内に役所に死亡届を提出します。その後は、遺言書の存在有無を確認します。遺言書の有無によって、財産の分け方や相続人などが大きく異なってきます。

遺言書が有るという場合は指定相続、無い場合は法定相続になります。次に財産の確認を行います。そこでわかった財産の状況によって、3ヵ月以内に相続を「するのか」「しないのか」を決定します。何もしないとそのまま単純承認となりますので、注意が必要です。

もし、マイナスの財産が多く、相続したくないのであれば相続放棄、あるいは限定承認を家庭裁判所へ申述する必要があります。

4か月以内に行うこととしては、準確定申告があります。これは被相続人の所得税に関して申告するものですので、被相続人が生前に自営業をされていた場合は、忘れずに行う必要があります。

最後に、相続財産の評価額を確認し、相続人全員で遺産分割協議を行い、10か月以内に相続税の申告と納付を行います。

相続手続きに必要な書類

相続手続きに必要な書類

相続に必要な書類には、どのようなものがあるのでしょうか?一般的に必要になる書類としては、被相続人の戸籍謄本、住民票の除票または戸籍の附票です。遺言書が有る場合は、遺言書、遺言執行者の選任審判書謄本も一緒に準備しておきましょう。

無い場合は、相続人を確認するための戸籍謄本、遺産分割協議の内容を記録した遺産分割協議書、印鑑証明書(相続人全員分)が必要です。

また、遺産の中に不動産があるという場合は、登記簿謄本、固定資産評価証明書、相続する方の住民票も必要になります。

相続が始まると、期限内に手続きを行わなければいけないものもありますので、注意をする必要があります。また、相続に必要な書類は状況によっても異なりますので、相続が始まったら税理士に相続相談をすることをおすすめします。

文京区の志賀暎功税理士事務所は、遺産分割や相続税などのご相談を承っております。お客様の立場に立ち、誠心誠意サポートいたしますので、文京区で相続相談をご希望の方は、ぜひ志賀暎功税理士事務所をご用命ください。サービス内容や料金に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。

文京区で相続相談をご希望なら志賀暎功税理士事務所へ

事務所名 志賀暎功税理士事務所
住所 〒113-0023 東京都文京区向丘2丁目36-9-401
電話 03-5832-9941
FAX 03-5832-9942
URL https://www.shiga-tax-ao.com/
お問合せ
志賀暎功税理士事務所
〒113-0023
東京都文京区向丘2-36-9-401
TEL:03-5832-9941
FAX:03-5832-9942