旬の特集
旬の特集
文書作成日:2019/08/25


 今年2月に国税庁から、所得税に関する調査結果(※)が発表されました。ここでは、その調査結果から、2017(平成29)年の事業所得者の青色事業専従者1人当たりの平均給与額をみていきます。




 上記調査結果から、青色事業専従者1人当たり平均給与額(以下、平均給与額)を求めると、下表のとおりです。全体(計)の平均給与額は223.8万円となりました。



 合計所得階級別にみると、600万円以下の階級になると平均給与額が200万円を超えています。そして3,000万円以下の階級になると、平均給与額が500万円を超えるようになります。さらに2億円以下の階級を超えると、平均給与額が1,000万円を超えることが多くなっています。



 なお、青色申告者以外の事業専従者1人当たり平均給与額は全体で76.7万円となっています。また合計所得階級別では、70万円以下と2億円以下で、平均給与額が60万円台となった以外は、74万〜79万円台となりました。

 この数字は、専従者の数と専従者給与額から1人当たり平均給与額を求めたものであり、あくまでも一つの目安とお考えいただけますと幸いです。


(※)国税庁「申告所得税標本調査結果
 2017(平成29)年分の所得税及び復興特別所得税について、2018(平成30)年3月31日までに申告又は処理した者のうち、6月30日現在において申告納税額がある者全部を対象に、全国524税務署より一定の方法で標本を抽出し、その標本の基礎データを基に、母集団全体の計数を推計したものです。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
志賀暎功税理士事務所
〒113-0023
東京都文京区向丘2-36-9-401
TEL:03-5832-9941
FAX:03-5832-9942